街灯こそあるものの夜で暗かったためかそこで事故にあった。覚えてるのは、とっさに彼を突き飛ばしたこと。気がつくと半月くらい経っていて、右足膝下がなくなってた

0pt   2018-11-09 15:43
鬼女事件簿~鬼女が起こした事件の数々~

727: 名無しさん@おーぷん 2016/01/06(水)21:33:28 ID:rOyグロ注意かも?読みにくいと思います。ごめんなさい。

ちょうど6年前に2つ年下の彼氏がいました。猛アプローチを受けて付き合い始めたのですが、純朴で可愛くて子犬みたいで、何より優しくて誠実で大好きでした。
ある時、デートをしていたのですが、その帰り道、街灯こそあるものの夜で暗かったためかそこで事故に会いました。
覚えてるのは、とっさに彼を突き飛ばしたこと。少なくとも私には痛いっていう感覚はありませんでした。

気がつくと半月くらい経っていて、右足膝下がなくなっていました。彼からは何度も
私の両親を通じて、
「そっちに行ってもいい?」
と聞かれていたのですが、とりあえず
「来ないで」
と伝えていました。
ああ、捨てられるんだろうな。私だって無理だし。仕事もどうしよう。親に迷惑かけるな。親がタヒんだらどうしよう。
と色々と考えていました。
結局、事故から一ヶ月経った時に彼に来てもらって、どういう要件だったのかを聞こうと思いました。
彼にその場で土下座されて、庇って助けてくれたことの感謝と謝罪をされて、
「良ければ一生一緒にいたいです。支えさせてください。」
とプロポーズされました。
彼の両親は反対こそしませんでしたが、私の両親も大反対したそうです。
しかし、彼が私の両親に土下座して頼み込んで、私の両親も
「もうこの先私は結婚は無理だろうから」
と結局許したそうです。
彼は次男だったので、私の家にお婿に来るという形で結婚しました。しかし、そこから旦那は相当に辛かったと思います。
父が気を遣うだろうと、家の近くの土地に夫婦2人で住むには困らないくらいの仮住まいのようなものを建ててくれたのですが、それまでは母屋で暮らしていました。
しかし、特に父や妹とは当初、上手くいかなかったようです。
(事故のことが原因で)私の妹からとてつもなく敵視されていましたし、私の見ていない所でひどい嫌がらせまでしていたようです(両親は見つける度に強く怒っていたようですが…)。
また、父も普段は優しく接して(事故の前には既に紹介していて気に入られてはいました)いました。しかし、食事などで長く同じ空間にいると、週に1度くらいの頻度で、突然「ガァッ!」と声を上げて、旦那を殴る蹴るということがしばしばありました。
母や私の力ではもちろん止められませんし、妹はもちろん静観。旦那も反撃しないので、血だらけになっていることもありました。
そんな生活だったので、旦那は家では何重もの理由と要因が重なり、借りてきたネコのように怯えて暮らしていましたし、自分から何か声を発すると言うことはほぼありませんでした。常に旦那の味方をしていたのは母くらいだったと思います。
私も2人の時に、
「ごめんね。大好きだよ。」
と毎日のように謝っていました。しかしいつもそういう訳でもなく、義足に慣れるまでは、片方の脚がなくなったことで不自由を感じて耐えられなくなった時には、旦那に獣のように感情的になりながら当たり散らしていました。
でも、旦那は
「ごめんなさい。ごめんなさい。」
と言いながら抱きしめてくれました。
夜も、旦那が布団の中で泣いているということが多々ありました。
仮住まいは出来たものの、私1人では不自由する事も多く、私が義足に慣れるまでの二年近くはこのような生活が続きました。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5848005&name
   鬼女アンテナトップページへ
鬼女・生活系まとめサイトの話題が沢山。

今日の人気エントリー

キチ「子供服のお下がりください」私「いいですよ」キチ「うち双子だから2つね」私「?1つしかありませんが」キチ「だからぁ~、買うなりして2つ揃えろって言ってるの!」
「嫁子さんみたいに子供の気持ちを踏みにじる母親ってひどいよね!」甥っ子に「赤ちゃんにビー玉はだめなんだよ、ごめんね」って言っただけなのに
親父や兄の前でお袋が嫁に「生理の日を教えて」。嫁は激おこ「もう温泉も行かない」俺「無神経すぎるだろう!」お袋「30過ぎて子供もいるのに何を恥ずかしがってるの?」
休みなしで働いてる私が友達とカラオケに行っただけで、娘に「クソババアしね。明日家出するから電話もしてくるな」と言われてストレス。
結婚して10年たつのに、私の名前を間違って呼ぶトメ。すると、トメ姉が「トメ子、ボケたのかい?あんたんとこのお嫁さんは・・・」
定年退職してからも毎日遊び歩いてる近所の派手なご夫婦。現役の時に貯金をしっかりしてたんだろうなと思ってたら違った
最近文学的な歌詞を書く歌手いないね
ゼミの飲み会を断る女の子が「兄が最近6時までに帰ってこないとジサツするって言うんです…」と話してた
妊娠してることを隠してSNSに「またぶり返したー」「また入院生活だー」と投稿する人にモヤモヤ。隠すなら隠す、言うなら言うのどちらかにしてほしい
部署でコードレス掃除機を購入することになり部長にオススメを聞いたら「なんでもいい」と言ったのに…